小学校プログラミング教育が不安 2020年からうちの子大丈夫?

広告

2020年より小学校でプログラミング教育が必修化されます。具体的に何をするのか、成績として評価されるのか、塾に通わせるべきか、保護者様からすると不安ですよね?今回は保護者様の不安を解決するための記事を書きました。

この記事のダイジェスト

  • プログラミング教育は論理的思考の育成が目的!プログラマー育成ではない
  • 新たに「プログラミング」という科目は作られず、既存科目の中で行う
  • 受験目的なら塾に通わせる必要はない、感性を尖らせるためには塾も有効

point1 プログラマー育成が目的ではない!

「プログラミング教育」でプログラムを学びますが、プログラムができるようになることが目的ではありません。使うツールもscratchやviscuitなどのビジュアルプログラミングですので、パズル感覚に近いです。また、パソコンやタブレットを扱えるようになるというのもメインの目的ではありません。
簡単にいうとプログラミングに触れることで、論理的思考を育成する、というのが主な目的とされています。また、小学生の段階でIoT関連機器に興味を持ち、大学や専門学校など、高度な学習への足掛かりとなることも期待されています。

詳細はこちらで詳しく解説しています-「2020年から小学校で必修化!プログラミング教育ってなに?

point2 『プログラミング』という科目は作られない!

新しい科目・強化が出来るわけではありません。地域によって指導方法は異なりますが、基本的には既存の科目の中で、プログラミングを取り込んでいくという形になりそうです。例えば、高学年の理科の電気回路の実験で、プログラミングした通りにLEDを光らせる、算数の時間でプログラミングを使って計算させる、などです。低学年では、命令されてモノが動くという仕組み(プログラムでいう”イベント”という概念)を学んだりします。テレビやエアコンをリモコンでON/OFFする感覚ですね。
ですから、新しい科目に対して評価を付けるということはなさそうです。

point3 プログラミング塾に通わせる必要はない!

個人的には「必要ない」という結論です。現在の学習塾は進学を目的に、勉強する場所と時間、受験用の勉強をしています。一方でプログラミング塾に通う目的は、学校より高度、または広い範囲のプログラミング技術を身に着けることです。例えばプログラムでロボットを動かす、scratchでゲームを作る、マインクラフトでプログラミングして建築物を作る、など、いずれもお子様の興味関心部分を刺激する目的が強く、受験や学校成績とは直接リンクしていません。
とはいえ、プログラミング塾でお子様の感性が磨かれることは間違いため、学校で興味をもったら通わせてあげてもいいと思います。授業料がそこそこかかるので、家計と相談しながら…

まとめ

  • プログラミング教育は論理的思考の育成が目的!プログラマー育成ではない
  • 新たに「プログラミング」という科目は作られず、既存科目の中で行う
  • 受験目的なら塾に通わせる必要はない、感性を尖らせるためには塾も有効

それでも不安な保護者様のために

文科省の資料や先生方の研修資料が公開されていますので、一読してみると安心できるかもしれません。
-「小学校プログラミング教育の手引き 文部科学省
-「小学校プログラミング教育に関する研修教材 文部科学省

広告