保護者が知っておきたい LINE『OpenChat』に潜む危険性【2019年8月】

2019年8月19日にLINEでOpenChatがリリースされました。友達以外の多数の人とLINEチャットが可能になりますが、特にお子様の利用については注意が必要です。今回はOpenChatに潜む危険性について、味のある絵で解説に挑戦してみます。

OpenChatとは

OpenChatは公開されているURLやQRコードからアクセスすることで、最大5,000人のユーザとチャットが出来る機能です。グループ機能と似ていますが、友達以外ともチャットできることや、自分が開設することもできます。


LINE公式ブログに下記の説明がありました。URLやQRさえ知っていれば誰でもトークルームに参加でき、チャットできます。一昔前の掲示板と似てますが、誰でもホストになれるというところは大きく違います。

1.トークルームごとにプロフィールを変更できる。
2.トークルームごとに公開/非公開を設定できる。
3.途中から会話に参加した場合も、直前のやりとりをさかのぼってチェックできる。
4.ひとつのトークルームに最大5000人まで参加できる。
5.URLやQRコードで、トークルームに招待できる。
(※年齢認証をしていないユーザー、18歳未満のユーザーについては、一部機能が制限されます)

LINE公式ブログより引用

味のある絵でOpenChatを解説

OpenChatに潜む危険性

便利そうな気もしますが、いろいろと問題も抱えています。子供を持つ親の目線でいくつかピックアップしました。
OpenChat」を検索してみるととにかく出会い系や援助交際などの記事を見かけ、出会い系の温床になっているのが現状。特に精神的に未成熟な小中学生のお子様は犯罪に巻き込まれる可能性も高いため、保護者の注意が必要になります。現時点では出会いを要求する不適切なワードはフィルタされているようですが、引き続き警戒が必要です。
最大5,000人ものユーザが参加でき、各々が自由に投稿できてしまうため、猥褻な画像や動画、言葉を目にしてしまい、精神的被害を被るリスクがあります。

味のある絵でOpenChatに潜む危険性を解説

LINEの対策待ちか?

公開されたOpenChatには未成年であっても参加できてしまう。これを制限する機能はいまのところないので、ペアレントコントロールしようとする場合はLINE自体を無効にする必要がある。そうなると緊急時の連絡手段にも影響がでるため、LINE側がOpenChatの未成年利用を制限する機能を待つしかないのが現状といえるだろう。