スクラッチプログラミングアイキャッチ

小学生から始めるscratchプログラミング 入門編

小学校で必修化となるプログラミング教育。主に現在の科目の中で論理的思考を育み、広い範囲で活かせる考え方を身に着けることが目的となります。プログラミングをできるようにすることが本教育の目的ではありませんが、ツールの使用方法として、今回は教員研修の中でも使用される『scratch』(スクラッチ)について取り上げ、基本的な操作方法を解説します。

scratch(スクラッチ)とは?

一般的に言われているプログラミングは、英語の文字列を羅列し、言語(CやJavaなど)ごとの特性を理解したうえで構築しなければならないため、ハードルが高めです。しかしscratchでは、あらかじめ特性ごとに塗り分けられたブロックをつなぎ合わせ、キーボード入力をほとんど行わずにプログラムを作ることが出来ます。
そのため、2020年から小学校でも必修化となるプログラミング教育でも用いられるようです。こういったプログラミング手法を『ビジュアルプログラミング』と言います。

プログラミング教育についてはこちらで詳しく解説しています

Scratch (スクラッチ) は、MITメディアラボが開発したプログラミング言語学習環境である。

プログラミングについて少し解説

プログラムは「順次」「反復」「分岐」の構造で作られています。
一度に処理できる命令は一つまでのため、順番に1命令ずつ処理させる必要があり、これが「順次」という考えです。「反復」は同じ処理を規定条件まで繰り返させる処理、「分岐」は条件によって行う命令を振り分けることです。たった3個の考え方でできているんです!簡単でしょ?

順次、分岐、反復

scratchを使う準備

こちらからスクラッチのサイトにアクセスします。
スクラッチを使うにはアカウントを作成する必要があります。作成にはメールアドレスが必要です。アカウントを作成すると、作品をWEB上に保存したり、共有したりできるようになります。

早速スクラッチで簡単なプログラムを作ってみる

こういうものはとりあえず作ってみるとなんとなく覚えていきます(私はいまだに覚えていません)。早速ですがスプライト(猫とかのキャラクター)を右に動かすプログラムを作ってみましょう!
上部バーの作成をクリックすると、下記のような画面が表示されます。それぞれのペインに名前がついていますが、一度に覚えるのは難しいので、やりながらなんとなく覚えていきましょう。

ブロックパレットのイベントから『旗が押されたとき』をスクリプトエリアにドラッグアンドドロップします。

ブロックパレットの動きから、『10歩動かす』をスクリプトエリアにドラッグアンドドロップします。このとき、先に設置した『旗が押されたとき』のブロックにくっつけるように配置してください。ブロックが離れていると、ひとかたまりの処理として命令が実行されません。

どうでしょうか?できましたか?できたらプログラムを動かしてみましょう!スクリーンの上にある旗をクリックしてみてください。猫のスプライトが動きましたか?旗をクリックしてスプライトが右に動けば大成功です!おめでとうございます!
もし物足りなさを感じるようでしたら、『10歩動かす』の10を100など違う数字に変えてみましょう。どのように動きが変わりましたか?他にも気になるブロックがあったら好きに触らせてみましょう。

プログラムを動かすうえで重要な『イベント』

またまた少しだけ解説させてください。プログラムを始めるためにはイベントというものが必要になります。これはプログラムを開始するきっかけ、いわゆるトリガーですね!テレビのリモコンで電源を入れる、パソコンのキーボードを叩く、マウスを動かす、これらも全てイベントです。今回は『旗が押されたとき』がトリガーとなり、プログラムが開始されました。

お子様のプログラミング学習で大切なこと

scratchに限らず、お子様がプログラミングを学習するうえで最も大切なことは、楽しんで取り組めるということです。インターネット上にはscratchの課題が散乱していますが、無理にやらせず、新しいブロックの使い方を理解させたら、「どういう風に動かしてみたい?」「何を作りたい?」「もっと少ないブロックで作れないかな?」など、自分で考えさせるようなアドバイスをしてみてください。そして完成したら一緒に喜びあえるといいと思います。はしゃぎすぎて私が時間を忘れることもしばしばですが…

広告
広告